発達障害について

世界的に取り組まれている、「発達障害」への支援活動は、日本での支援と比較すると、大きな違いはみられません。ですが社会的な状況や、ライフスタイルや文化が異なる為、それぞれの国で、生活がしやすい形での支援が、各国々で独自に行われています。

俯瞰して、各国の支援状況をみていくと、成人期よりも、幼少期に手厚い支援が施されていたり、それとは逆に、成人期の支援がより定着をみせていたりと、それぞれの国々の特色が見られます。日本と海外の国々との支援の差をおおまかにみていきますと、発達障害者に関する法整備が、日本国内では遅れていると言えます。海外では、発達障害に関する法整備が、より整い、進んでいる傾向がみられるので、より当事者たちが、当たり前の権利として支援を受ける体制が社会的に認知されています。そのような発達障害に関する、法制度が整った社会制度においては、当事者たちが支援を受ける為に、自分たちの特性を見極め、主体的に医療機関を訪れ、それぞれの「特性」を見極めるスタイルが定着しています。支援により、より安定した生活を得る事が可能となるので、当事者たちが積極的に専門家による診断を受ける事が特別視されない、といった観点が社会的に根づきつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です