発達障害について その2

発達障害に関する教育支援のプログラムとして、注目を集めているのが「2E教育」「発達障害療育プログラム」などと呼ばれている、発達障害の「特性」に適合させた教育プランです。

発達障害をもつ人々の多くには「障害」と「才能」が共存すると考えられています。「特性」と呼ばれる、特定の能力や技能に苦手な分野がある一方、他の分野では、優れた「才能」を発揮し、優秀な人材として認識される一面が顕著に確認されているのです。「発達障害」と「優れた才能」を合わせもつ人々に、それぞれの「障害」と「才能」に対して、個々に「支援」や「教育」を施すプログラムが必要とされていると認識されはじめ注目を集めつつあります。

このような発達障害に関する療育プログラムの中では、「障害」と「才能」を発達の凹凸であるという考え方があります。「障害」と「才能」は、「凹」と「凸」のオウトツであるという考え方です。「障害」と「才能」のギャップが、「苦手分野」と「得意分野」のギャップを生み出し、そのギャップを埋める為のプログラムが、「2E教育」「発達障害療育プログラム」などという形で認知されはじめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です