発達障害について その3

発達障害を支援し療育する事で、その社会的スキルを改善していくような取り組みが、世界的に認知されるようになり、広がりをみせていますが、その療育はできる限り早期的に行う事が推奨されています。ですが、全ての発達障害者支援を、早期的に行う事は困難です。発達障害者への支援は、手遅れという事はありません。その「特性」や「障害」に、気付いた時点で、「支援」「療育」を行っていく事が何よりも重要な事なのです。

発達障害者への、「支援」として、様々なトレーニングシステムが構築されています。彼らの生活適応能力を高めるために、様々なトレーニングシステムが開発されてきました。昨今では、そのトレーニングシステムが細分化され、その手法も多種多様な様式を取り入れる事で、トレーニングに対する概念が広がりをみせつつあります。このような専門的なトレーニングシステムが、社会的認知を広げる事で、より多くの当事者たちが、専門的なトレーニングを行える環境が普及していく、そのように社会全体の問題として取り組みを行う認識が最も重要な事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です