ジョブマッチングとは

発達障害をもつ人々の、就職先選びにとって重要な項目は、「ジョブマッチング」です。障害がある事で、その能力に偏りが多くみられる発達障害者が、その特性を分析した上で、適性のある職種を選択する事は、仕事探しの上で最も重要な項目であると言えます。彼らの偏った能力に沿った、適性のある仕事と、そうでない仕事を、まずは見極める事からはじめましょう。適性の合った仕事に就いた発達障害者が、比較的少ないストレスの中、本来の能力を発揮し、人並み以上の業績を上げる事はめずらしくありません。発達障害がある事が、就職の障害と考えられていますが、健常者にも、仕事の向き不向きはあるものです。自分の能力や自分自身と向き合い、適性のある仕事を見極める事は、誰しもに重要な事と言えますが、「やってみたい仕事」と「やってみて向いている仕事」は異なる事がある事を理解しなくてはなりません。発達障害者が、就職という社会への第一歩で、つまずく事は、二次障害を生む原因ともなり兼ねません。二次障害とは、「発達障害」が原因となって、二次的な傷病をわずらってしまう事です。うつ病、統合失調症、ひきこもり、強迫性障害などが、主に例としてあげられる事が多いです。社会は誰しものライフラインであります。その絆をつなぎとめる支援が、発達障害者には、特に大きな環境の変化がある時期に必要です。周囲の目が生き届くような社会づくりが、今後、求められていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です