発達障害の二次障害

発達障害の子どもが、その障害に気付かずに、成長する過程において、様々な、外的ストレス、内的ストレスを抱え込む事は、時として、「発達障害の二次的障害」生むことがあります。この事から、発達障害の改善には、早期発見が重要とは考えられますが、実際には、発達障害への支援に遅すぎる事はありあません。発達障害の疑いがみつかった時点で、必要な支援を周囲が行える事が一番重要な事なのです。

発達障害者は、社会に出た際に、学校や職場や公の場で、叱責や避難を浴びる事が、大変多いと言われています。当人は、真剣に一所懸命に、物事に取り組んでいたとしても、周囲からの誤解や批判を受けて、「不真面目」「要注意人物」「努力不足」「やる気が全く感じられない」などといったレッテルを貼られてしまい、自分の居場所を社会環境に失くしてしまいがちな事が報告されています。周囲からの、心ない叱責や罵声を浴びせられているうちに、自信を失い、自尊感情を傷つけ、人を信用、信頼する事から遠ざかっていくうちに、「うつ病」「不安障害」「統合失調症」「強迫性障害」などを発症するケースがみられるそうです。このように、発達障害者が、障害を原因として他の傷病を発症する事を、「発達障害の二次的障害」と呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です