二次障害の合併

発達障害者が、その他の傷病を合併する事は、とても大きな問題として問題視されています。二次的障害を合併した、発達障害者の診断は、医師にとっても困難になるそうです。発達障害が、二次的障害を引き起こしたのか、もしくは二次的障害である症状が、発達障害を引き起こしたのかを診断する事は容易ではなく、それぞれの治療を行わなくてはならないので、治療自体も大変、複雑になるそうです。そもそも発達障害は、その障害に起因して、二次的障害を合併しやすいと言われており、早期段階で、まずは、発達障害を見極めておく事が、大変重要な事だとされ、二次的障害への予防であるとされています。また、発達障害は、二次的障害以外にも、発達障害のグループごとに、合併しやすい障害とも言われています。複数の障害の合併は、当人の生活上の困難は、より複雑化し困難度が高くなるため、支援する側の指導も複雑化する事で、専門家のサポートが大きな鍵となってきます。

【発達障害のグループごとの合併例】

●ADHD(多動性障害・注意無欠如)+LD(学習障害)

●ADHD(多動性障害・注意無欠如)+ASD(自閉症)

など、ADHD(多動性障害・注意無欠如)を介する、合併症が多く報告されているようです。

ADHD(多動性障害・注意無欠如)は、注意力不足や落ち着きの無さから、授業や勉学に集中出来ない事で、学力が低下し理解から遠ざかる事で、結果的にLD(学習障害)を引き起こすようなデータも出されているようです。ですが、もともとLD(学習障害)をもつ子どもが、その学習力の低さからADHD(多動性障害・注意無欠如)を合併する例などもあり、主となる障害が、何を合併させたのかを見極める事は、専門家などの知識をもっても困難な事だと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です