反抗挑戦症障害とは

「反抗挑戦症障害」とは、日頃の反抗心や反発が蓄積され、自分の願望などが満たされないでいると、常にイライラし始め、周囲に挑発的な行動を取る事を言います。発達障害者と反抗挑戦症障害の関連性を調査したところ、ADHD(多動性障害・注意無欠如)のほぼ半数が、反抗挑戦症障害を合併している事実がデータとして報告されたようです。この合併は、幼児期よりも思春期になると増加する傾向がみられ、反抗挑戦症障害がエスカレートする事により、暴力や器物損壊などの行為障害へと発展する事もあるようです。

●反抗挑戦症障害・・・大人や周囲の人々の指示や指導、要求などに、逆らった態度をみせたり、無視する事で反抗したり、挑発的な様子をみせる状態のことを言います。周囲の人間を、苛立たせ、反抗的な態度をみせる事が特徴ですが、そのまま障害が進行すると、暴力などを振るうようになり、犯罪などへエスカレートする可能性も出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です