バリアフリーコミュニケーション

最近では、障害者雇用率制度などの成果によって、職場での障害者への受け入れ間口も広がりをみせています。障害をもった人々と働くことの難しいさや、驚き、学びに出会う機会も増えているのではないかと思います。発達障害をもつ人々と働くことの難しさの中で、一番に挙げられる事柄は、「コミュニケーション」です。発達障害を持たない人々にとっても、コミュニケーションというものは、時をして困難なものであり、対人関係に悩みをもつ人々は多くいます。では、発達障害をもつ人々のコミュニケーションの難しさは、どんな点が異なるのでしょうか?

●常識的な範囲をはみ出してしまう

●上下関係が理解できず、言葉遣いなどの使い分けが判断できない

●社内機密を守れない

●自己中心的な考え方をする

●注意をしても改善できない

上記は、発達障害をもつ人に多いといわれている職場での対人的な問題点です。そのような人と職場でチームを組むとしたら、それなりのストレスを覚悟しなくてはなりません。ですが、発達障害をもつ人々にとって、周囲の関わりのある人々が、そのようなストレスを感じているような事を想像する事ができないのです。そのような振る舞いは、職場などの場面では、大きな問題となってしまう可能性が高いはずです。発達障害をもつような人々と、仕事をこなしていく事の難しさは、直面した事のある人々でないと分かり得ない困難かもしれませんが、世の中というものは、一筋縄ではいかない事の方が多いのですから、全ての場面において長所、短所を良く理解し、問題を解決していくような心のゆとりがコミュニケーションには必要となるでしょう。私たち、人間には、相手に寄り添って物事を考える能力があるはずです。職場に限らず、どんな場面においても人間関係を円満に過ごすと言う事は、簡単なことではありません。発達障害をもつような人々も、この地球上で苦楽を共にしているという想像力を働かせて皆さんなりにバリアフリーなコミュニケーションを築いてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です