発達障害と社会のつながり

発達障害が、脳機能の先天的な問題が原因であるという事はご存知ですか?「発達障害とは、何ですか?」という人も少なくないかもしれません。最近のメディアでは、発達障害について、取り上げて問題視する記事を目にする事も増えましたが、発達障害について語り合う場とういうものは、正直、日々の生活の中では、私自身は無いに等しいです。職場などで、障害について話す事は、なるだけ避ける傾向があるのも確かな事です。私自身の経験からは、てんかんの障害を持つ同僚と仕事をした事がありますが、「発達障害」とてんかんの関係性が深い事はご存知でしょうか?現在のところ、発達障害に関して、不明な点が多い事は確かですが、発達障害を起こす原因として、脳機能の障害が取り上げられています。てんかんが、脳の神経活動の病気である事は知られていますが、発達障害においても、脳の認知機能が大きく関わりをもっている事が研究や観察を重ねる事で、判明しつつあります。発達障害は、いくつかのグループ分けをされて説明される事が多く、その特性の詳細な異なりから区分されています。いくつかのグループに区分される事もありますが、発達障害を取りまく、その大きな問題点は、社会的なコミュニケーションだと言われています。この事実によって、私達は社会生活において円滑なコミュニケーションを行う為に、脳の機能をフル活用して他者と関わっている事が、よく分かる証明とも考えられます。発達障害を考える事、理解する事は、私たちの生活において、どのような振る舞いが、他者との関わりを持つ社会の中で必要とされるのかを再認識させてくれます。そのような視点から、障害のある人との関わりを考えていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です