発達障害の種類 (ADS 自閉症スペクトラム障害)

「ADS 自閉症スペクトラム障害」と呼ばれる、発達障害の症状は、以前は、「自閉症」「アスペルガー症候群」などという名称で記憶している人もいるかもしれません。発達障害の研究は、最近解明された事も多く、その解明から名称がまとめられたり、総称として呼ばれたりするようになっています。

●ASD自閉症スペクトラム障害の主な特性

「社会的なコミュニケーションの困難」、「こだわりのある行動」が顕著に現れるという、ASDの特徴は、様々な症状を確認する事で区分されています。

このような状況を招いている原因として、ASDの障害をもつ子どもたちは、他人への関心度が低いのではないかと考えられています。この他人というものは、両親などの家族も含まれ、自分以外の人々の感情や気持ちを理解する事が難しいと言われています。そのような特性が、人や社会とつながる為のコミュニケーションを困難にしているようです。

・人と目を合わせない

・自己主張が強く、独りの行動を好む

・言葉の遅れ、オウム返しが目立つ

・決められた行動や手順を好む

上記のような特性が多くにみられるようです。

発達障害の中でも、よく見聞きする「アスペルガー症候群」は、上記のような特性はあるが、知的な遅れがみられず社会的なコミュニケーションが、比較的困難な状態の人々をいいます。知的な障害はみられないけれど、社会的な人とのつながりにおいて、問題点がみられる人々がいる事を、1944年オーストリアの小児科、アスペルガーが研究結果として報告しました。

「アスペルガー症候群」には、家族性がある事が知られています。両親や家系に、特性を持つ人がいることで、その子孫にもそのような特性が出やすい事が判明しています。これは、遺伝子レベルでの何かしらの異変を表わすものとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です