発達障害「LD」であった大人たち

発達障害の「LD(言語障害)」であった大人たちの中に、有名なアメリカの俳優さんがいます。彼は、「LD(言語障害)」であった幼少期~高等学校までに、文字が読むのが苦手であった事からいじめをうけていた時期があったと言われています。文字を読み書きする事が苦手であった彼が、膨大な台本を読み込まなくてはならない俳優という職業に就く事ができた理由は、彼の人並み以上の努力が背景にあったようです。文字を読めるようになるように、日々努力を重ねると伴に、言語以外のスポーツや身体を鍛える事柄にも熱中し、文字が苦手であっても、その他の得意分野を増やしていったそうです。彼自身は、文字が苦手な事と、自分には集中力が人より劣る事が分かっていたので、常に、言語と集中力を養う努力に務めていたそうです。世界的な映画俳優になった彼は、「LD(言語障害)」の子どもたちに向けた、様々な支援活動を行っています。自身が幼少期に悩み格闘した、「発達障害」を描いた映画への出演を自ら熱望し、彼は、その出演を果たしました。彼の名は誰でしょう?世界的に有名な映画スターの「トム・クルーズ」です。彼のように、「発達障害」をもちながらも、得意分野を増やし、社会で活躍している大人たちはたくさんいます。好きなもの、得意なものが、大人になった彼らを、社会生活の中でサポートしてくれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です