「発達障害」と社会的認知

日本で「発達障害」というワードが、一般的に認知されるようになったのは、ここ数年であるなどとも言われています。2005年に施行された「発達障害者支援法」などにおいては、発達障害を持つ人々は、社会的に支援される存在であるというようなことが述べられているようです。知的障害を伴わない発達障害を持つ人々は、それ以前では、一般的な社会環境の中では支援を受けられないことが多かったようです。現在では、就職などにおいても、発達障害を持つ人々が、「障害者枠」などといった特別枠に含まれることは公に認知されるようになり始めました。ですが、実際には、本人たちにとっては、障害を持っているということを、公に示すことを懸念する人々もいるようです。発達の障害が軽度であるような場合は、その特性を気づかれずに、「一般枠」などから就職できるようなこともあるようですが、就職した後に、様々な問題が起こるようなことも考えられますので、自身の「特性」を踏まえた上で、「一般枠」もしくは「障害者枠」の選択を行うことを、深く考慮した方が良いでしょう。発達障害を持つ人々の自立や自活を目的としたサポートや支援が、社会的に幅広く認知されるようにはなっていますが、そのようなサポートの存在を知らずに、自身の特性に関する問題を抱えているような人々もまだまだいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です