発達障害の合併症診断

発達障害を持つ子どもたちの中には、感覚の過敏性や鈍感性など、様々な合併症を伴うことがあります。合併症の有無を確認するには、検査をすることなどが必要です。知的障害やてんかん、精神疾患など、様々な検査対象に沿った診断を行います。 お子さんの年齢が低いうちは、ご両親たちからの聞き取りによる診断が主になります。病院の診察を受診する前に、日常的なお子さんの行動や特性を箇条書きなどとして、メモしておくことも検査に関する情報として大切なことです。

最近は、スマートフォンなどで動画の撮影などをされている方々もいらっしゃるようです。子供達の特性は、常に現れるのではなく、まだらに特性が見受けられることもありますので、日常的なお子さんの行動や、反応をある程度まとめた中で、医師に伝えることが重要です。医師による問診や、問題行動の観察は、親御さんからの普段の行動パターンなどをまとめた情報が何よりもポイントとなってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です