「発達障害」優れた能力

発達障害を持つ子供達が、進路や進学を考える中で、その「特性」をうまく理解することが大切であります。例えば、学校生活や日常生活の中で、特に強いこだわりのある行動が見られるような子供達が、お客様に直接サービスを提供する、接客業などに就職することは、困難であることでしょう。本人たちが、強い意志を抱いたとしても、就職した後に、彼らが大きな挫折や、トラブルを抱えてしまうことで、様々なトラウマや、二次的な障害を抱えてしまうことも考えられます。発達障害を持つ子供たちの進路を決める中で、彼らの「特性」について、本人たちが的確な理解を示すことは、大変重要であります。もちろん、本人たちの希望や意思を尊重しながら、本人たちの「特性」や「適正」を、きちんとも示してあげることも大切です。子供達も学校生活や、日常生活の中で、 苦手であったこと、また得意であったことなどを、一緒に、把握し整理しながら、どんな「特性」が、どんな職業に向いているのかといったような話し合いを、常日頃から行っていくことなども、大切かもしれません。時間をかけて、進路を決めていく中で、本人たちが、より自分自身の特性を理解することなどが求められるでしょう。発達障害を持つ子供たちの行動の中に、多く見られる特性 は、全てが問題行動や短所ではなく、場合によっては、本人たちの長所や優れた能力となり得るのです。そのような「特性」を、どのように捉えるかといったような考え方の基盤を植え付けることも、子供たちを支える周囲の大人たちが、担っていることなどにもなってくるでしょう。歴史上の偉人などと呼ばれる、人物たちにも、「発達障害」 持っていただろうなどと考えられている人々は、大変多くいます。現代社会の中においても、世界中の人々を助ける文明や発見が、そのような「発達障害」を持っていた人々の「特性」の活躍から生み出されていたこともあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です