学習障害の早期発見と改善

発達障害の中に見られる「学習障害」は、その「特性」が、幼少期では分かりにくいのですが、小学校などにあがる頃子供たちが、さまざまな学習に取り組む中で、その「特性」が目立ってくるなどとも言われています。ご家庭の中では、宿題や漢字の書き取り、計算などを行う過程で、本人の理解度や、学習スピードなどを両親の視点から、観察しておくことも大切でしょう。「学習障害」が、みられる子供たちの特性としては、文章を飛ばして読む「飛ばし読み」などがあるようです、または、自分で言葉を作ってしまうような「勝手読み」なども、見受けられるようです。「飛ばし読み」は、文章の一部や自分自身が理解のできない箇所を飛ばして、文章が一続きになっているような形で読んでしまうこと、また、「勝手読み」は 書いてある言葉の通りではなく、自分自身のわかる言葉に当てはめて、勝手に選んでしまうなどといったような傾向があるようです 。「学習障害」のみられる子供たちの「特性」は様々な個人差のある「特性」でありますが、大まかに言いますと、「ひらがなが正しく書けない」「カタカナとひらがなの差がわからない」「文字を書くことができない」「漢字を読むことができない」「漢字を書くと イラストを書いてるような状態になってしまう」など、様々な特性が得られますが、周囲の大人たちが、適切な支援を行うことで、それらは「特性」ではなく改善されることも研究者たちの中で明らかになってきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です