発達障害の子供たち「かんしゃく」と「無反応」

子供の発達障害を見分けるのは、とても難しいのですが、その傾向として、とても怒りやすいというような反応を見せることがあるようです。親御さんが、特に怒ったり注意しているわけではないのに、突然、かんしゃくを起こしてしまったり、パニックを起こしてしまうこともあるようです。幼い子供ですので、大人とは違った観点で、物事を解釈していたり、反応示すことは多々あるとは思うのですが、発達障害を持っている子達は、ある一定のルールに従ってそのような解釈を起こしたり、パニックを招いている事があるようです。ある特定の匂いや、音に反応したり、ある特定の場所に行くと、大きな声で泣き叫んだり、何かしらの特性を見つけることが発達障害の早期発見に、つながると言われています。また、転んだ時などは、通常であれば、大きな声で泣き叫ぶ事が、子供達の一般的な反応であるような場面で、全く痛みを感じていないような反応をみせ、本来であれば、大きな声で泣くべきところを、泣かずにいることなどもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です