発達障害をもつ子供たちの劣等感

「発達障害」のある子供達は、同年代の周囲の子達が簡単にクリアできたようなことが、出来なかったり、失敗してしまうことで強い劣等感を持つことがあるようです。このような劣等感を持ち続けながら、成長を重ねていくことは、子どもたちの意欲や自立を阻んでしまう可能性もあります。発達障害をもつ子供たちを支援する為には、何よりも彼らの気持ちや、意思に沿った形でサポートを行っていくことが大切であります。発達障害を持っていることで、集団生活の中で、うまくコミュニケーションを取れない、学校環境の中で授業や学習についていけない、などといった周囲からの孤立感が、彼らにとっての成長を阻んでしまうことは何よりも避けなくてはならないのではないでしょうか。子供達を、サポートしていくなかで、彼らにとってどんな部分を伸ばしていってあげるべきなのかということを、考えることは彼らの「特性」について向かい合う必要性を求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です