発達障害をもった子供たちとの関係性

教育現場などでの集団行動の中で、発達障害の子どもたちは、周囲の子供達と、明らかに異なった行動を行ったり、周囲の状況をよく理解することができなかったりと見守る大人たちにしてみれば、どうしてこの子は集団の中で生活ができないのであろう。などといった、疑問が沸くかもしれません。発達障害を持つ子供たちは、何かしらの理由をもって、そのような行動を行っていることがほとんどですから、どんなことが、彼らをそのような行動に出せているのか、といったような、彼らの内面の中で起きていることを、理解してあげることが大切です。発達障害を持つ子どもたちは、自分以外の周囲の環境と、自分自身の内面の情報処理の仕方にズレがあり、周囲の子供達と集団行動を取りづらいなどと考えられています。彼らは、問題行動を起こしたくて、起こしているのではなく、何かしらの本人たちにとって理由があってそのような行動を起こしていることがほとんどですので、周囲の大人たちは、彼らの内面の「特性」に寄り添った対応を行っていく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です